借金ごとの債務整理の選び方

債務整理をする際に、いったいどの手段を選べばよいのだろうか、と悩むかもしれません。殆どの人が弁護士に相談され、弁護士の勧められるままの手段を選択されるかと思われます。ですが、ある程度はどの手段を選ぶのか、勧められるのかを知っておいても損はないかと思います。今回は借金ごとにどのやり方が適しているのかを紹介したいと思います。

まず最初に、過払い金請求についてですが、これを行う方の殆どは、もうすでに借金を返済された方が多いです。返済後10年以内ならば払い過ぎた金利の金額を払い戻すことが可能なため、これを借金返済と同時に行われる方は少ないです。ですが、これを借金返済と同時に行うやり方があります。それが、任意整理です。任意整理を選ばれる方の借金のタイプは、収入は安定しているけれども、かなり長い期間返済をしているタイプです。特に前述した過払い請求を同時に行うのは、2010年以前からお金を借りている場合です。法律がいろいろと変わったことが理由ですが、詳しくは省きます。長い期間のうちに高まってしまった金利も、今後増えるであろう金利も抑えて、殆ど元金の状態で返済をすることが可能になるので、長期間返済型の借金には、勧められる可能性が高く、最も多い債務整理だと言われています。

次に自己破産です。こちらは収入も期待できず、今後も借金返済の目途が立つことがない方に勧められる、債務整理の最終手段です。借金の免責はかなり大きなメリットのように思われますが、その分財産を失うことが考えらえれるので、かなりのデメリットもあります。こちらは本当に借金の金額が大きすぎる人、ないしは失業して多額の借金まで背負ってしまった方に高確率で勧められます。

最後に個人再生ですが、こちらも借金の額が大きすぎるタイプに勧められる点は、自己破産と同じです。ですが、個人再生の場合は一定の収入が期待できること、ギャンブルなどで膨れ上がった借金でも減額可能な事、借金を五分の一に減額すること、と言ったように自己破産と比べれば大きく違います。ギャンブルなどで膨れ上がったタイプの借金には主にこの個人再生が勧められることが多いようです。

以上のように借金の種類、現在の利用者の状況によって、適した債務整理のやり方というものがあります。もちろん、説明はかならず弁護士の方が行ってくれるでしょうが、あらかじめ内容を知っておき、自分はどのやり方が合っているのかを考えておくと、自分が損をしないように準備ができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です