借金で悩むときは一人ではなく法律に詳しい人や専門家に相談を

借金をしたときにはどうしても一人で悩んで落ち込んでしまうケースが多いです。特に返済日が近づいているのにもかかわらず口座に残高が無い場合はどうしていいかわからなくなる事もありますよね。借金をしていて返せなくなった時には、債務整理という方法もあります。しかし借金の目的によっては、できないこともありますのでご注意ください。どのような場合かというと、ギャンブル目的で借金をし、返せなくなった場合の自己破産です。ギャンブルは生活費などとは違い、生計を立てる上で必ずしも必要な物ではなく、大量のお金を瞬時に使ってしまうため、返済できないリスクが大きいので、ギャンブル目的ではお金を貸さない業者もあります。

このような場合は、返済できなくなって自己破産の申し立てをしても、免責が下りないことがあり、その時は全額返済することになります。またギャンブル目的以外でも、お金を借りて返せない時は、自己破産すればいいと安易に考えている人もいるようですが、自己破産とは収入や財産の状況を見たうえで、それでも返済できない場合に採られる処置です。

従って、お金に代えられる財産などがある時は、売却して返済に充てることを命じられます。その場合は管財人が入ることになります。日本の場合は、主に弁護士が管財人の仕事をすることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です