債務整理という手段について知ってみよう

どうしても借金を返すことが出来なくなってしまった時の救済策として、債務整理という手段があります。

これは法で認められている制度で、任意整理、民事再生、そして自己破産の3つに分かれます。

任意整理と民事再生は、現在の借金の総額をある程度まで減額してもらい、残りの分をその際に立てられた返済計画に沿って、決められた期間内に返済していくという方法です。

任意整理は裁判所を通さずに行いますが、民事再生では裁判所にその再生計画を認定してもらいます。またどちらも定職に就いていることが条件です。

自己破産は裁判所に申請し、一切の債務の返済義務の免除受ける制度です。この場合は上記の2つの場合とは違い、家や車などの財産を処分されます。定職に就いていなくても行えますが、借金の原因がギャンブルや分不相応な買い物などの場合は免責が許可されない可能性があります。

定職に就いている人はまず任意整理や民事再生で債務整理を行うことをおすすめします。自己破産は最終的な手段だと思ってください。一切の債務の返済義務が無くなりますが、その分デメリットも一番大きいと言えます。

詳しいことは弁護士や司法書士にお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です