借金で悩むときは一人ではなく法律に詳しい人や専門家に相談を

借金をしたときにはどうしても一人で悩んで落ち込んでしまうケースが多いです。特に返済日が近づいているのにもかかわらず口座に残高が無い場合はどうしていいかわからなくなる事もありますよね。借金をしていて返せなくなった時には、債務整理という方法もあります。しかし借金の目的によっては、できないこともありますのでご注意ください。どのような場合かというと、ギャンブル目的で借金をし、返せなくなった場合の自己破産です。ギャンブルは生活費などとは違い、生計を立てる上で必ずしも必要な物ではなく、大量のお金を瞬時に使ってしまうため、返済できないリスクが大きいので、ギャンブル目的ではお金を貸さない業者もあります。

このような場合は、返済できなくなって自己破産の申し立てをしても、免責が下りないことがあり、その時は全額返済することになります。またギャンブル目的以外でも、お金を借りて返せない時は、自己破産すればいいと安易に考えている人もいるようですが、自己破産とは収入や財産の状況を見たうえで、それでも返済できない場合に採られる処置です。

従って、お金に代えられる財産などがある時は、売却して返済に充てることを命じられます。その場合は管財人が入ることになります。日本の場合は、主に弁護士が管財人の仕事をすることになります。

奨学金を債務整理しなければならない日本の現状と法律事務所の選び方

近年、リーマンショックや東日本大震災、世界同時株安などの経済情勢不安定から各家庭における可処分所得も減少し、息子や娘の進学のために奨学金を頼ることが増えたと思います。しかし、この奨学金ですが便利な融資制度と思いきや、実は優秀な学生を失意のどん底に突き落としてしまう可能性があります。

奨学金さえも債務整理しなければならない日本の現状

現在、奨学金としてメインになるのが『日本学生支援機構』です。ここから融資される奨学金は、『無利子』と『有利子』です。優秀な学生かつそこまで経済的な問題がなければ、『無利子』の奨学金で済み返済金額も高額にはなりません。返済金額は、大学4年間で240万円程で高額にはならないです。問題は、『有利子+無利子』および『有利子』の奨学金です。『有利子+無利子』の場合、借入金額は720万円を越えてしまいます。また、利息も約3%と高いです。実際に。利息は住宅ローンよりも高く、返済期間も20年間と長期間に渡ります。私自身も、『有利子+無利子』で奨学金を借り入れ、返済していましたが月々の返済金額が非常に高く、収入も激減したことから自己破産を20代で申請し、免責許可を頂きました。実は、奨学金という借金は非常に厄介なものだと考えます。住宅ローンの様に、資産があるものが存在すれば担保にすることが出来ます。しかし、奨学金は担保になるものもなく、返済不能の場合は容赦なく、個人情報信用機関に登録(ブラックリスト登録)や連帯保証人への支払い要求、再建回収業者への債権譲渡が行われます。
自分で債務整理を検討する前に法律事務所へ相談をする事が重要なのです。

houritusoudan

特例で、返済計画見直しの申請が出来ますが、確実に申請は却下されます。私の場合、申請却下どころか『申請書自体を受理していない』と言われるほどです。提出した際は、親書扱いで送付していたものの全くの無視です。近年では、奨学金の返済について問題が多発しており、弁護士への相談も非常に増え、奨学金を自己破産する人も増加しています。特に、就職難の時期に当たった人は特に厳しく、1回の返済遅延でも容赦なく、個人情報信用機関に登録されてしまいます。登録された場合は各種ローンすら組めずに生活苦に陥ります。奨学金自体、下手な消費者金融から借り入れをするより、返済金額が高額になります。50万円の借り入れに対し年利12~13%と700万円の借り入れに対し年利3%の方が遙かに返済金額は増加します。また、奨学金には機関補償制度があり、2つの奨学金を借り入れし加入した場合、大学4年間で約60万円の支払いになります。この補償金額は、返済金額とは別のものであり、二重の請求がされることになります。私自身の経験ですが、約60万円の保証料は高額過ぎますが、保証人を立てるよりはいいと思います。また、法律事務所は口コミや体験者の評判を参考に選ぶのが良いでしょう。

次に、支払不遅延となった場合の取り立ては、各ローン会社や消費者金融より悪質極まりないです。就業時間帯に連絡があること、折り返し電話をしても繋がらない、一方的な督促状の送付、遅延した場合の一括返済の要求など精神的ストレスは非常に大きいです。

一刻も早い法律事務所への相談が解決の糸口となる

私自身、支払不能となり弁護士の無料相談を利用させて頂きました。その結果、債権回収方法に悪質性があることや過払い金が生じていたこと、保証人ではなく機関補償制度を利用していたことから、自己破産する方が一番良いとのことでした。その他にもクレジットやマイカーローンなどもありましたが、借金総額の80%が奨学金であり、今後の人生を考えた場合、自己破産の方が再スタートをする上ではメリットがあると説明を頂きました。また、自己破産をする上では、費用が非常に高額であり、免責不許可事由も存在し、裁判所への出廷までとても落ち着くことは出来ませんでした。特に私の場合は、破産宣告後に貸付側が禁止されている『直接連絡』が何度もありました。これについては、弁護士に相談し、直接の注意と繰り返し行った場合の問題について説明をして頂きました。また、貸付業者が必要な書類を提出しないなど様々な問題があり、破産手続き開始から免責許可決定まで1年半の機関となりました。

1TC160130290I9A6551_TP_V

20代での破産宣告と免責確定は、人生の中で非常に大きい問題ですが結婚や40代でのマイホーム購入の可能性を考えれば、速くて良かったと考えています。免責許可決定が2年が過ぎ、贅沢な生活が出来ないものの、結婚し子供も産まれ幸せな人生を送ることが出来ています。

参考サイト 法律事務所の口コミと評判なら債務整理デメリット.jp

http://xn--9ckhe2hxb1006avedy62cfo1a.jp/

借金ごとの債務整理の選び方

債務整理をする際に、いったいどの手段を選べばよいのだろうか、と悩むかもしれません。殆どの人が弁護士に相談され、弁護士の勧められるままの手段を選択されるかと思われます。ですが、ある程度はどの手段を選ぶのか、勧められるのかを知っておいても損はないかと思います。今回は借金ごとにどのやり方が適しているのかを紹介したいと思います。

まず最初に、過払い金請求についてですが、これを行う方の殆どは、もうすでに借金を返済された方が多いです。返済後10年以内ならば払い過ぎた金利の金額を払い戻すことが可能なため、これを借金返済と同時に行われる方は少ないです。ですが、これを借金返済と同時に行うやり方があります。それが、任意整理です。任意整理を選ばれる方の借金のタイプは、収入は安定しているけれども、かなり長い期間返済をしているタイプです。特に前述した過払い請求を同時に行うのは、2010年以前からお金を借りている場合です。法律がいろいろと変わったことが理由ですが、詳しくは省きます。長い期間のうちに高まってしまった金利も、今後増えるであろう金利も抑えて、殆ど元金の状態で返済をすることが可能になるので、長期間返済型の借金には、勧められる可能性が高く、最も多い債務整理だと言われています。

次に自己破産です。こちらは収入も期待できず、今後も借金返済の目途が立つことがない方に勧められる、債務整理の最終手段です。借金の免責はかなり大きなメリットのように思われますが、その分財産を失うことが考えらえれるので、かなりのデメリットもあります。こちらは本当に借金の金額が大きすぎる人、ないしは失業して多額の借金まで背負ってしまった方に高確率で勧められます。

最後に個人再生ですが、こちらも借金の額が大きすぎるタイプに勧められる点は、自己破産と同じです。ですが、個人再生の場合は一定の収入が期待できること、ギャンブルなどで膨れ上がった借金でも減額可能な事、借金を五分の一に減額すること、と言ったように自己破産と比べれば大きく違います。ギャンブルなどで膨れ上がったタイプの借金には主にこの個人再生が勧められることが多いようです。

以上のように借金の種類、現在の利用者の状況によって、適した債務整理のやり方というものがあります。もちろん、説明はかならず弁護士の方が行ってくれるでしょうが、あらかじめ内容を知っておき、自分はどのやり方が合っているのかを考えておくと、自分が損をしないように準備ができるかもしれません。

過払い金請求における仕組み

ここ数年、過払い金請求に関するCMが多く流れています。いわゆるグレーゾーン金利によって多く支払っていた過払い額を返還してもらったり、また過払い額を残っている借金の返済に充てる事で残高を減らす事が出来るのです。それだけ聞くと本当にそんな事が出来るのかと思われるでしょう。

まずグレーゾーン金利とは、貸金業法と出資法の異なる法律による利息制限を消費者金融側が都合よく解釈されていた事によって出来たものです。しかしそれが法律によって統一されグレーゾーン金利が認められなくなり、またこれまでの分も遡って返還する義務を負うことで過払い金請求がおこった訳です。つまり債務者にとっては過払い金請求は正当な権利と言えるでしょう。

ただし過払い金請求には返済後10年までという期限もあり、またその会社が無くなってしまっては請求できません。また個人でおこなう事も可能ですが、様々な手順や交渉を考えると法律の専門家に依頼した方が無難だと思います。

嘘をついて借金をする人に情けは無用です

私の友人は現在離婚調停を経て裁判へ移行中です。

理由は妻の浪費による借金、性格の不一致、夫婦関係の破たんです。

最初は仲間内で相談を聞いて励ましていました。

ですが、離婚を切り出された奥さんは自分の借金の理由を友人が生活費を入れないから

仕方なかったと主張しはじめました。

そして、その生活費もなんと私に貢いでいるとデマを流したのです。

全くの嘘ですから証拠もあるわけありません。

ですがウワサというのは面白おかしく広まるものですから私は仕事も辞めて子ども関係のサークルも

辞めました。

友人からは謝罪を受けましたし、奥さん側もそれまでの「訴える」「ぶっ潰す」だの暴言もまったくなくなりました。

録音していたわけではないので訴えることもできません、関わることもしたくないのであきらめています。

ただこの件で借金をする人の怖さを知りました。

自分のことだけが可愛く、嘘を平気でついて欲望を満たす性格なのです。

買い過ぎたら支払いに困る、お金が貯まるまで待つ、通常の人なら先のことまで考えてお金は使うものだと思います。

ですが衝動が抑えられないので、お金を借りてまでその時の物欲を満たすんだと思います。

結果的にないのにあるようにふるまうわけで、すべてをごまかすためには嘘をつくしかないのです。

やりくりをしていると見せかけて嘘をつき、かげではカードでお金を出して好き勝手なことをして、ばれたら他人に

責任転嫁で言い逃れようとしたわけです。

情けは無用です、自己破産でもしてカードを使えなくなった方が本人のためでもあると思います。

周りが工面して助けてあげれば結局それに甘えてしまうと思うのです。

自己破産をする前に考えよう

借金をする過程においては自業自得なのもあれば誰もが同情できるものまで様々な事情があると思います。その借金が計画通りに返していければ良いのですが、その金額があまりにも大きかったり大きく家計を圧迫しているともなれば生活も立ち行かなくなってしまうでしょう。そうした時に最後の手段と言えるのが自己破産というものなのです。

しかし自己破産というと単純に借金が帳消しになるといったイメージを持つ方も多いでしょうが誤解であり、引き続いておこなう免責を受ける事でやっと借金を無くす事が出来るのです。もちろん免責は簡単に受ける事は出来ず、様々な要件による審査も必要となります。もし免責が認められなければ破産したものの借金が残るという最悪な状況にもなりかねません。

また免責を受けられるか否かに関わらず、自己破産をする事で様々なデメリットも生じます。分かりやすいものとして事故情報、いわゆるブラックリストに載ってしまいクレジットカードが作れなくなるなどの信用失うなどです。したがって自己破産をする前に他の方法を考えて見るべきであり、法律の専門家に相談してみても良いでしょう。

債務整理という手段について知ってみよう

どうしても借金を返すことが出来なくなってしまった時の救済策として、債務整理という手段があります。

これは法で認められている制度で、任意整理、民事再生、そして自己破産の3つに分かれます。

任意整理と民事再生は、現在の借金の総額をある程度まで減額してもらい、残りの分をその際に立てられた返済計画に沿って、決められた期間内に返済していくという方法です。

任意整理は裁判所を通さずに行いますが、民事再生では裁判所にその再生計画を認定してもらいます。またどちらも定職に就いていることが条件です。

自己破産は裁判所に申請し、一切の債務の返済義務の免除受ける制度です。この場合は上記の2つの場合とは違い、家や車などの財産を処分されます。定職に就いていなくても行えますが、借金の原因がギャンブルや分不相応な買い物などの場合は免責が許可されない可能性があります。

定職に就いている人はまず任意整理や民事再生で債務整理を行うことをおすすめします。自己破産は最終的な手段だと思ってください。一切の債務の返済義務が無くなりますが、その分デメリットも一番大きいと言えます。

詳しいことは弁護士や司法書士にお尋ねください。